不眠症 治す 方法

MENU

不眠症を治す方法とは?質のいい睡眠を手に入れよう

不眠症 画像

不眠症状の改善や、質のいい睡眠を得るために出来ることは
たくさんあります。

 

睡眠の悩みは、生活スタイルなどに直結しているため、
薬などを使用した本格的な不眠症治療だけでなく、
ちょっとした日常生活の見直しも非常に有効だとされています。

 

すぐに出来ることもたくさんあるので、ぜひチェックして
始めてみて下さいね。

 

 

不眠タイプ別の改善方法

 

上記の不眠改善の方法に加え、症状のタイプにより、
特に取り入れたいことやポイントがあります。

 

 

入眠障害の場合

 

・寝る直前の食事や入浴を避ける。
入浴後は体の火照りをさましてから寝るようにします。
・ぬるめのお湯で20分程度あたたまると効果的です。

 

 

中途覚醒の場合

 

・寝る前の動作、入眠儀式を一定にして整えます。
・まくらや布団を見直し、自分の体に合ったものを選びましょう。

 

 

早朝覚醒の場合

 

・焦らず、横になって目をつぶっているだけでも、
体と脳は休まっていると考えましょう。
・どうしても眠れない場合は起床し、軽い運動などをして
翌日の睡眠リズムを整えることを意識しましょう。

 

 

熟睡障害の場合

 

・運動などで脳だけでなく体もしっかりと疲れさせましょう。
・「寝だめ」などをせずに、睡眠リズムを一定にします。

 

 

不眠症状全般の主な改善方法

 

軽い運動をする

 

適度な運動は疲労感を得るためにも重要です。
仕事や家事での疲れとは違う、散歩や軽い運動での体を使った
有酸素運動がいい睡眠に繋がります。

 

また、そういった運動はストレスの解消にも効果的です。

 

 

食事内容の工夫

 

リラックスした状態で眠るためには、夕食は少なくとも
寝る2時間前にはすませておきましょう。

 

もし寝る前の時間が短い場合は腹八分目で軽めにしておくようにします。

 

カフェインの摂取は寝つきの悪さに繋がるので、出来るだけ
夜は飲まずに、あたたかいハーブティなどを飲んで
リラックス効果を得るようにしましょう。

 

また、夜の睡眠には一見関係ないと思われがちですが、
朝食をしっかりと摂ることも大切です。
よく噛み、エネルギーをチャージすることで脳が覚醒し、
爽快な目覚めに繋がり、睡眠リズムの改善に役立ちます。

 

 

入浴方法の工夫

 

熱いお湯での入浴は脳や神経を活性化させ、興奮状態にして
眠りにつきにくくなってしまいます。
38〜39℃のぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。

 

シャワーだけで済まさずに、リラックス作用のある入浴剤
などを使用して、しっかりと体をあたためましょう。

 

 

眠る環境の改善をする

 

明るい光の中にいると脳や体が活性化するので、出来るだけ
眠る少し前から間接照明にしたり、照明の明度を落としたり、
少しずつ眠りやすい環境に整えるようにしましょう。

 

また、寝る直前までテレビやパソコンなどを見ていると
情報量の多さやブルーライトの影響で脳が活性化してしまい
目が冴えてしまいがちです。
少なくとも1時間前には、それらをやめるようにしましょう。

 

 

睡眠改善に効果のある薬の使用

 

不眠症状が出始めて、それがストレスになってしまっている
場合には、医師に処方してもらう睡眠薬やドラッグストアで
購入出来る睡眠改善薬や睡眠サポートサプリメントなどを
うまく利用することも非常に有効です。

 

特にサプリメントなどは初期の不眠症や、睡眠への悩みを
抱えている人におすすめ。依存性もないので、睡眠薬を
使用することに不安を感じている人は、ぜひサプリメントから
始めてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

5人に1人が発症!他人事ではない不眠症の原因とは?
今や国民病とも言われる不眠症ですが、実は誰にでも発症する原因はあるんですよ。こちらでは不眠症の驚くべき身近な原因についてご紹介しています。
あなたは大丈夫?不眠症のセルフチェック方法を紹介
不眠症は実は自分では気づきにくいとご存知でしたか?自分が不眠症かどうかのセルフチェックが簡単にできます。こちらでは不眠症のセルフチェックについてご紹介しています。
不眠症に効果的なサプリメントの成分とその効果について
不眠症に実はサプリメントが効果的だったってご存知でしたか?薬と違って体に負担をかけることなく質の良い睡眠をサポートする、不眠症治療サプリについてご紹介しています。